所有権解除

車検証の所有者がディーラーやローン会社になっている場合や
車検証上の所有者が死亡してしまっている場合の説明です。

車検証の所有者がディーラーやローン会社になっている場合

自動車をローンで購入している場合、車検証上の所有者がディーラーや
ローン会社になっていると思います。

この場合、ローンを完済した上で、使用者に名義変更してからでないと売却することができません。

自動車の所有権解除に必要書類
1.所有権解除依頼書
2.車検証
3.印鑑証明書
4.納税証明書
5.免許証のコピー

所有権解除依頼書はディーラーやローン会社に問い合わせて取り寄せます。
その他、念書の提出が必要な会社もあるようです。

所有権解除も実質は名義変更手続きと変わりませんので、住所の変更や改姓があった際には、それを証明する住民票や戸籍抄本などが追加で必要になります。

車検証上の所有者が死亡してしまっている場合

このような場合には“親族へ名義変更”してから売却をする方法が一般的です。

その場合、軽自動車なら
戸籍謄本(親族であることを証明する書類)
が追加で必要です。

登録車(普通自動車)の場合は上記に加えて
「遺産分割協議書」も必要になります。